イハダ

イハダ大辞典 資生堂のIHADAの効果と口コミ・使い方を解説!

 

イハダは、テレビコマーシャルでもお馴染みの、顔の肌トラブルに特化した、ノンステロイドの治療薬です。

 

イラストレーターのNoritakeさんのシンプルながら記憶に残るイラストに合わせた、元YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の細野晴臣さんの音楽とナレーションが印象的ですよね。

 

このCMはゴールデンタイムにも頻繁に放送されていますし、ドラッグストアやスーパー、ディスカウントショップといった身近な所でも販売されている商品という事で、気になられている方も多いでしょう。

 

ニキビや大人ニキビ(吹き出物)、顔や首のかゆみ、目元のかゆみ皮膚炎や湿疹、花粉対策に虫対策と、それぞれのニーズに細かく応えるラインナップが充実しています。

 

イハダで顔の肌トラブルを解決出来るの?


 

お肌の中でも、常に露出している顔のトラブルというのは、早く何とかしたいと誰しもが感じるものでしょう。

 

ステロイドと言えば即効性が高い成分として認識されていますが、顔や目の周りに使う事は出来ません。資生堂イハダは『誰にでも使える』、『安全に使える』という事をテーマに、ノンステロイドの抗炎症成分を配合しています。

 

ですからお肌のトラブルに悩むお子様にも使って頂けますし、もちろん顔に使用する事も出来ます。

 

しかし、公式サイト以外でイハダのそれぞれの商品について体系立って詳しく解説している情報がほとんどなく、公式サイトの情報だけでは不安という声も耳にしました。

 

これは何も資生堂のIHADAに限った事ではありませんが、基本的に企業のサービスや商品というのは、良い面しか主張しません。しかし実際にその商品を使うあなたや私からすれば、良い面も悪い面も、包み隠さず知っておきたいというのが本音だと思います。

 

ですから、ご自身やお子様に使ってみたい商品の情報を詳しく知る事が出来ない、そういった声に応える形で、この【イハダ大百科】は誕生しました。

 

顔湿疹の原因ってどんな事?

IHADA

 

人間には【免疫反応】というものが存在します。これは人間の防御反応ですから、どの様な方でも起こる現象です。

 

皮膚炎や湿疹というのは、その毒性を退治する為の自然現象ですから、むしろ免疫反応が働かなくては人間は病気や細菌に簡単に侵されてしまいますからね。

 

しかし様々な要因によって、過剰にこの免疫反応が働いてしまう事があり、これが顔湿疹の原因となっているのです。これは2分類する事が出来、主には『内的因子』と『外的因子』に分ける事が出来ます。

 

内的因子とは

内的因子というのは、体の内側にその顔湿疹の原因がある場合です。

 

ストレスやアトピーなどのアレルギー体質、発汗異常、免疫機能の低下や皮脂分泌異常、自律神経の乱れや乾燥肌などがこれに当たります。

 

外的因子とは

外的因子は、外からの刺激が顔湿疹の原因となっている場合です。

 

紫外線や花粉、ハウスダストやダニ、汗や化学物質、化粧品・石鹸・目薬などが具体的な外的要因として挙げられます。

 

内的因子と外的因子の掛け合わせ

これらいずれかが顔湿疹の完全な原因となっているケースもあれば、両方の掛け合わせによるものもあります。

 

例えば、アレルギー体質の内的因子を持つの方がハウスダストの外的因子を受けてしまい顔湿疹が起きるといったケースです。

 

イハダ(IHADA)にはどんな種類があるの?


 

資生堂IHADAは、基本的には顔湿疹の症状にお悩みの方の為に作られた商品です。顔湿疹というのは、外気に常に触れている鼻や口目のまわりに出るかゆみや湿疹、皮膚炎の症状の事です。

 

顔湿疹には原因が複数あり、花粉や感想、お肌に合っていない化粧品や大気汚染など多数存在します。ですから誰にでも、いつ起きてもおかしくないのです。

 

イハダは顔のお肌の様々なトラブルに対応する形で、多くの種類が展開されています。ご自身やお子様の症状に合った商品をチョイスする事で、それに特化したケアを行う事が出来るという訳ですね。

 

実際に展開されている商品については、以下の様になっています(クリックで商品の口コミや詳細がご確認頂けます)

 

 

口元や目元の顔湿疹・皮膚炎・かゆみ・あせも・おむつかぶれ

イハダプリスクリードD(エッセンスタイプ)
口元や目元の顔湿疹・皮膚炎・かゆみ・あせも・おむつかぶれ イハダプリスクリードAA(クリームタイプ)
かゆみを伴う感応性皮膚(小児の乾燥性皮膚・成人の乾皮症) イハダ ドライキュア乳液
おできやとびひ等の感染皮膚面の消毒・消毒・かき傷・切り傷・すり傷・さし傷・靴ずれ イハダプリスクリードAC(ローションタイプ)
目元のかゆみ・ただれ・かぶれ・あせも・湿疹・おむつかぶれ イハダプリスクリードi(クリームタイプ)
顔や首のかゆみ・あせも・かぶれ・じんましん・ただれ・湿疹・皮膚炎・しもやけ・虫さされ イハダプリスクリードS(ミストタイプ)
大人ニキビ・吹き出物の治療改善 イハダアクネキュアクリーム
虫よけ イハダアウトドアスクリーン
顔や髪の花粉吸着防止・PM2.5のブロック イハダアレルスクリーン(花粉吸着防止スプレー)
目元や鼻の花粉吸着防止・PM2.5のブロック イハダアレルスクリーンジェル(花粉吸着防止ジェル)

 

さて、あなたが気になられていた商品はどれでしょうか?

 

しかしどれを取っても、イハダのシリーズはノンステロイドで安心の内容となっています。デリケートな部位にはステロイドを使用する事は出来ませんから、その対応にお困りだった方、安全な商品を使っていきたいと感じていた方には嬉しい内容となっています。

 

IHADAのシリーズは第二類医薬品、第三類医薬品、そして医薬品では無い物の3つに分かれています。どれも市販で購入出来る商品という形となっていますから、大きな心配はありませんが、副作用の危険性はゼロではありません。

 

次に、イハダの副作用やその対策について解説します。

 

イハダ(IHADA)は副作用が心配?

IHADA

 

イハダのシリーズはすべて共通してステロイドを使用しておらず、お子様でも使える優しい内容となっています。

 

しかし、どんな商品でも同じ事ですが、用法・用量を守らなければ、当然副作用の可能性は生じてしまいます。イハダと一言で言っても、商品それぞれに用途も成分も異なりますから、ひとくくりに副作用についてここでお話する事は出来ません。

 

あくまで、あなたが興味をお持ちの商品の用法・用量をしっかりと確認して頂き、あなたやお子様に使っても副作用などの問題が無いのか、しっかりと確認をされる様にして下さいね。

 

安全に使用するうえで、全商品共通した認識として使うタイミングが挙げられます。それは、洗顔をした後の清潔な状態のお肌に使用するという事です。せっかくの成分が汚れた皮脂の浮かんだ状態では馴染みませんし、思わぬ肌トラブルの可能性もありますので守る様にされて下さいね。

 

また、化粧品を上から使っても大丈夫か気になられている方も多いかと思いますが、基本的には問題無いとされています。しかしながらお肌の状態は人それぞれに異なりますから、あなたご自身の状態によって判断される様にして下さいね。

 

IHADA以外で顔湿疹を予防・改善していく為の対策は?

IHADA

 

顔湿疹の一番の大敵は「乾燥」です。では乾燥を防ぐための対策としてはどの様な事があるでしょうか。

 

まず基本的な事として、規則正しい生活を送るという事が挙げられます。具体的には、野菜や果物、脂肪分の少ないお肉や魚といった、天然の食材がメインの低脂肪で健康的な食事を摂り、お酒やたばこは控えめに、十分な睡眠時間を取るという事です。

 

しかし野菜や果物を毎日たっぷり摂るのが難しい方も多いです。食事から十分なビタミンが摂れていない場合には、サプリメントで補うというのも良い手段です。特にビタミンCとビタミンB群は有効だと知られています。

 

それ以外で有効な手段としては、洗顔をして清潔な状態で保湿を十分に行いましょう。また、肌の代謝を安定させる事も乾燥を防ぐのに有効ですから、お風呂にゆっくりと入って血流を改善する事も良いでしょう。

 

そして気になる顔湿疹が出てしまっても、それを厚いファンデーションなどで隠そうとすると、よりお肌に負担を掛けて悪化させる原因となってしまいます。良くなるまではなるべく化粧は控えめにするのが理想的です。

 

また意外な事としては、ストレスなども顔湿疹の原因になる事もあります。これは外的な要因も多いので自分だけでコントロール出来る事ではありませんが、ストレスを溜め込まない様、趣味などを楽しむ時間を持つこともプラスに働くはずですよ。