イハダ アウトドアスクリーン

イハダ アウトドアスクリーンの効き目や効果は?

イハダ アウトドアスクリーン

 

2017年3月に、資生堂の肌治療薬シリーズ「イハダ」からリリースされた『アウトドアスクリーン』! アウトドアシーズンの到来とともに、虫除け対策が必須となるこれからの時季、気になる方は多い事でしょう。

 

イハダ アウトドアスクリーンはどんなお肌でも使えるの?

イハダ アウトドアスクリーン

 

資生堂の「IHADA(イハダ)は、2011年3月に誕生した医薬品ブランドです。ステロイド剤未使用の肌治療薬として、失神や被れ・爛れ、痒みを伴う皮膚炎、あるいは、ニキビや吹き出物対策に効果を発揮する医薬品を送り出しています。

 

その最大の特徴は、いずれも弱酸性で、年齢や肌質を問わず安心して頭の先から足の先まで使用出来る事。特に、顔や首筋のようなデリケートな部位に適したものが多く、敏感肌の方や親子で同じ薬を使いたいという方に支持されています。

 

そんなイハダでは2015年の1月、花粉やPM2.5を肌と髪に寄せ付けないスプレー『アレルスクリーン』を発売。さらに、大切な顔を守るための花粉吸着防止ジェル『アレルスクリーンジェル』もリリースしました。

 

そして2017年、満を持して送り出すのが虫除けスプレー「アウトドアスクリーン」です。あのイハダの製品だから、どんな肌の人でも安心して使えるのではないかと期待される方は少なくないものと思われます。

 

確かに、肌質を問わず使用出来るという見解は正しいと言えるでしょう。何しろ、衣服や空間に吹きかけ、ハーブの香りで虫を寄せ付けないようにしようと言うのです。これまで主流だった肌に塗って虫除けというのではありませんから、敏感肌の方でも問題ないものと思われます。

 

香りも、ユーカリ油・ゼラニウム油・ハッカ油という天然精油から出していて、気分を害するどころか、リラックス効果も得られそうです。しかも、医薬品でも医薬部外品でも化粧品でもなく、単なる雑貨の区分で、イハダの誰もが安心して使えるというスタンスは守られています。

 

ただし、元から直接肌に塗布するものとして作られていませんから、逆に、肌に掛かるとトラブルを引き起こす要因にならないとも限っていません。必ず適量を十分気を付けてスプレーする事が重要です。

 

赤ちゃんやペットにも使用する事は出来る?

イハダ アウトドアスクリーン

 

イハダのアウトドアスクリーンは、アルコールもサトウキビ由来のものを使用し、天然温泉水やローズマリーオイル配合で、安心安全の成分となっています。

 

とは言え、“香りのバリアで虫を寄せ付けない”というのがイハダ アウトドアスクリーンのキャッチフレーズです。虫が嫌がるハーブの匂いを衣服や周囲の空間に吹き付ける事で虫を遠ざけるもので、それなりの匂いがします。

 

その匂いの元が精油という事で、大人ならアロマテラピー効果も付帯して来るかも知れませんが、敏感な赤ちゃんやペットにとっては気になる香り。それも、妙に虫が騒ぐ香りかも知れません。それでは、いくら害虫は除けられても、決して快適とは言えないでしょう。

 

また、乳幼児に対する危険性が指摘される虫除け剤の主成分「ディート」無敗号で、より一層ママの好奇心をそそります。ディートは毒性が強く、特に3歳未満の子供に対しては、屋外へ出る時など、どうしても必要な時にのみ、それも、1日1回に制限して使うようにと指導されています。

 

そのディートが入っていないのですから、これなら1日数回使えると思われる方がいらっしゃっても不思議ではありません。けれど、アウトドアスクリーンには、「赤ちゃんへのご使用はおやめください」と明記されています。

 

つまり、イハダ アウトドアスクリーンは1日1回どころか、乳児には使ってはいけないのです。勿論、直接衣服に吹きかけるだけでなく、空間へのスプレーも控えるに限ります。基本的に虫除けは、赤ちゃんのいる場所での万善の使用は良くないとされていて、例えイハダであっても例外ではないという事です。

 

ただし、小学生以上の子供に対しては、直接肌に塗布しないという点でも、イハダ アウトドアスクリーンは従来の虫除け剤よりも安心だと見られます。

 

因みに、ペットについては今のところ但し書きがなく、トラブルが発生したというような情報は見受けられません。ですので、試してみて興奮しないようなら、犬や猫のいる場所で使っても大丈夫だろうと思われます。基本的に、人に優しいものは動物にも優しいものです。

 

イハダ アウトドアスクリーンの効き目の期待度はどの位?

イハダ アウトドアスクリーン

 

「イハダ アウトドアスクリーン」は、さすがは大手化粧品メーカーが出している虫除けスプレーです。パッケージのデザインは、これまでの薬品メーカーが出す虫除けとは完全に一線を引いています。

 

涼しげでおしゃれ! コンパクトタイプの50ミリリットルボトルは持ち歩き用として、お得な125ミリリットルボトルは自宅用として常備されていると重宝しそうです。

 

さて、気になる効き目の期待度ですが、イハダ アウトドアスクリーンはこれからが活躍のシーズンの新しい虫除けという事で、リアルな口コミがまだ少ないのが現状です。

 

ですが、香りさえ長持ちすれば、その間は効果が保てる事になります。その点は、フレッシュな香りが長続きするような成分が配合されているらしく、持続性は大いに期待出来そうです。

 

実際、屋外に出る時は、衣服に吹きかけるので、汗を掻いても流れる心配がありません。勿論、手を洗っても平気という事で、半日程度のお出かけなら、イハダ アウトドアスクリーンを自宅で吹きかけて行けばOKという事になるかも!?

 

因みに、衣類にシミになるという心配もなしとの事ですので、芳香性を考えても、フォーマルなシーンでの使用も可能になりそうです。取り敢えずコンパクトサイズを一度試してみたいところでしょう。

イハダ アウトドアスクリーンの効き目や効果は?関連ページ

イハダ プリスクリードAAの口コミやニキビへの効果と使い方を解説
資生堂が展開している、顔の肌トラブル治療薬であるイハダには様々なラインナップが存在します。これらの特長や効果・使い方などを徹底解説しています。
イハダ プリスクリードACの口コミとニキビ予防効果や使い方
ニキビの原因菌を除去すると話題のイハダ プリスクリードACですが、実際にはどの程度、ニキビの予防効果が期待出来るのでしょうか?また使い方はどのような方法なのかについて、解説をおこなっています。
イハダ プリスクリードDの使い方やアトピーやニキビへの効果は?
資生堂のイハダ プリスクリードDはどの程度、アトピーやニキビに対しての効果が期待出来るものなのでしょうか。
イハダ プリスクリードIの口コミや目元トラブルへの効果と使い方
資生堂のイハダで販売されているラインナップの一つであるプリスクリードI。この商品についての効果や口コミ、使い方など、事前に確認し、購入の参考にしたいですよね。ここで詳細に解説を行っています。
イハダ プリスクリードSの口コミ〜ニキビへの効果や使い方を解説
資生堂が販売しているIHADAのラインナップの一つであるプリスクリードSは、ニキビへの効果が期待出来る商品です。この口コミや効果について解説を行っています。
イハダ ドライキュア乳液の口コミや効果〜その特徴や使い方を解説!
資生堂のイハダシリーズのドライキュア乳液の使用を検討されている方であれば、その口コミや効果を知っておきたいと思われているはずです。ここでは、その特徴や使い方などについて解説しています。
イハダ アクネキュアクリームの口コミや効果・使い方を解説!
資生堂のイハダのニキビや吹き出物ケア用の医薬品である、アクネキュアクリームは、どういった吹き出物に対して、どの程度効果が期待出来るのでしょうか?解説しています。
イハダ アレルスクリーンの効果や口コミ、使い方を解説!
資生堂が販売しているイハダの販売する花粉吸着やPM2.5を防止するという、アレルスクリーン。この商品の効果や口コミ、使い方について解説を行っています。